化粧水

化粧水とは

<化粧水の種類>
化粧水は大きく分けるとアルカリ性化粧水と酸性化粧水の2種類に分けることができます。まず、アルカリ性化粧水は、あれ性の肌や老化の始まる中年の肌に向いており、アルコール、水、グリセリンなどのほか、少量のホウ砂を加えて弱アルカリ性にした化粧水となています。もう一方の酸性化粧水の場合においては、収斂(しゅうれん)作用をおこす化粧水であり、弱酸性となっており、余分な皮脂の分泌を抑制する働きを持ち、毛孔や汗腺を引き締める効果があることから、あぶら性の肌や、夏の化粧下地として化粧くずれを防ぐのに一般的に用いられています。



化粧水とは、もともとは字のごとく、化粧に使う水のことを指し、日本に化粧水が浸透し始めた江戸時代には、基礎化粧品としてではなく、メーキャップ化粧品の一つである化粧下地や白粉の溶き水として使われており、皮膚を保湿し、整え、滑らかにする働きをもつ液状の化粧品としてあったようです。



現代の日本では、一般的に化粧水と乳液を一緒にあわせて使用されるのが通常ですが、昔の日本では、ヘチマやカラスウリの水が化粧用として使用されていましたが、江戸中期になると、焼酎の蒸留法を取り入れた手法によって化粧水をつくっていたという記録も残されており、チョウジ、カンゾウ、ビャクダンなどの本草、スイセン、ウメ、キクなどの花を水に入れて煎じることで化粧水を作っていたという歴史があります。



化粧水には以下のような様々な用途に分かれた種類があります。



【一般化粧水】
柔軟化粧水とも呼ばれ、潤いを与えて肌荒れを防ぐために、主に洗顔後の肌に使用します。80%程の水、10%程のアルコールに、グリセリンなどの保湿成分を数%、乳化剤、香料、防腐剤などを配合したものが一般的です。ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド、ローヤルゼリー、アミノ酸、ハマメリス、ビタミンなどが保湿剤、整肌剤としてよく配合されています。



【植物性化粧水】
アロエ、へちま、米ぬかなどから採取される成分・エキスを配合し、狭義ではへちま水など植物から採取され、化粧水として使用できる液体のことを言い、広義では植物成分により肌に潤いを与える効果を謳うものと言われます。



【にきび用化粧水】
殺菌作用、角質の溶解作用、ピーリング作用をもつ成分である硫黄、サリチル酸などを配合し、にきび、吹き出物を防ぐ作用を持たせた化粧水です。



【美白化粧水】
肌に水分を与える効果の他、しみ、そばかす、日焼けを防ぐ作用を持たせた化粧水です。アルブチン、ビタミンC等を美白成分として配合するものは、漂白作用はなく、紫外線によるしみ、そばかす、日焼けを防ぐ作用があり、また、ハイドロキノンなど、漂白作用により直接的にしみ、そばかすを薄くするものもあります。



これらの上記の化粧水が一般的に使われている代表的な化粧水であり、それぞれ用途に合うように使い分けることをおすすめします。



この記事を読んだ人にはこちらもオススメです。


混ぜて振るだけ、30秒で出来る自分コスメ。完全無添加だから、わずか28日で素肌が蘇る!気になる美肌成分は、あの... (続きは画像をクリック↓↓↓)

化粧水関連ニュース