化粧水 つけ方

化粧水のつけ方

化粧水のつけ方としては、肌の奥まで化粧水の成分を浸透させる為に、コットンにたっぷりの化粧水をつけ、一通り顔全体をコットンで優しく撫でたあとに軽くパッティングするのが基本となっています。化粧水の適量としては、手の中指ではさんだコットンが手を下に向けてもたっぷりの化粧水で指に絡みつき、コットンが下に落ちないくらいの量が理想的です。ただし敏感肌の方の場合は、コットンの繊維が刺激となって肌荒れしてしまう場合があります。そのため、自分の肌の様子を見ながら手の平を使うかコットンを使うかを選択するのがよいでしょう。



また、コットンを使用する以外にも、ローションパックを使う化粧水の付け方もあり、このローションパックは化粧水の成分を余すところなく肌に浸透させることができるため非常に便利なツールとなっています。ローションパックの使用方法としては、シートやコットンにたっぷりと化粧水を含ませて顔の上に 3分間乗せ、3分後、シートをはがします。シートをはがした後の肌はしっとりモチモチした肌になっていますが、3分以上放置しておくと、逆に肌の水分がコットンに奪われてしまうのでしっかりとパック時間を守りましょう。また、ローションパックをはがしたあとに、顔を手の平で軽く押さえて化粧水を十分になじませることが大切です。



手の平に化粧水をとって顔につけると、顔と手の体温で化粧水が蒸発してしまいせっかくの化粧水があまり肌に浸透しないことから、コットンを使用するのがいいとされています。コットンを使うといっても、化粧水の量が少ないと反対に肌を荒らしてしまうことになりますので気をつけましょう。一般的に肌荒れしないのは、手<コットン<ローションパックの順と言われていますが、敏感肌の方はご自分のお肌の様子をみて使い分けてください。



この記事を読んだ人にはこちらもオススメです。


混ぜて振るだけ、30秒で出来る自分コスメ。完全無添加だから、わずか28日で素肌が蘇る!気になる美肌成分は、あの... (続きは画像をクリック↓↓↓)