アロエ化粧水

アロエ化粧水

アロエの独特の苦味成分である「アロイン」は、硬くなった毛細血管に弾力を取り戻す働きを持ち、そのアロエの成分であるアロインの効果としては、血圧を下げたり、大腸では善玉菌の動きを活発にし便秘解消を促す効果があるとも言われています。さらに、胸やけや胃もたれを抑制する働きを持つ「アロエニン」や、胃や十二指腸の潰瘍の予防改善にに効果的な成分である「アロエウルシン」も多く含まれているのが特徴的です。



アロエ化粧水は、一般的に洗顔後の肌に吸収されやすい状態のうちに化粧水としてアロエ化粧水を使用することでその効果が高まり、幅ひろい年齢層の方や、様々なタイプの肌のトラブルなどの悩みを持っている方の改善策としてのアロエ化粧水は高い効果があると言われています。



また、このアロエ化粧水の原料であるアロエには、汗腺と毛穴から出ている過剰な皮脂(皮膚の脂)を抑える働きをする収斂(しゅうれん)作用や、抗菌作用をも持っていることから、アロエ化粧水を使用することで、ニキビができにくい肌をつくる手助けを行い、また、一端できてしまったニキビについても、傷口などの治療にもアロエが使用されているように新陳代謝を高めて古い細胞を排除し、新しい細胞などの成長を促進するためニキビの治療にも効果的だと言われています。



他にも、アロエには消毒効果があるため、やけどや切り傷などの傷口、虫さされや、うおの目などの外用薬としての効能もあるため、現代医学においても薬学的にも高い注目を浴びており、さらに最近ではアロエには、血糖値を下げる効果や、ガンの抑制効果があるという効能が研究の結果解明されてきつつあります。古くから家庭医学であるアロエですが、このようにアロエはいろいろな効果や効能を持つ万能薬といっても過言ではないほどの働きを持っています。



また、乾燥肌で悩んでいる方にとっても、このアロエの成分は乾燥肌の皮膚表面上に膜を作って、水分の脱水を保護するはたらきをする保湿作用を持っているため、アロエ化粧水を使用することでみずみずしい肌をキープすることができ、さらに、タンパク質であるコラーゲンの生成促進や、シミやそばかすの原因となっている酵素の働きを抑制する肌の引き締め効果などの作用も持っているため、アロエ化粧水は化粧水として多くの効果が期待できます。しかし、アロエ化粧水を自作した場合、アロエの生汁そのままを使用すると針状結晶(シュウ酸カルシウム:山芋などによって痒くなる成分)が多く含まれているためかぶれを起こす可能性があるので注意しましょう。



この記事を読んだ人にはこちらもオススメです。


混ぜて振るだけ、30秒で出来る自分コスメ。完全無添加だから、わずか28日で素肌が蘇る!気になる美肌成分は、あの... (続きは画像をクリック↓↓↓)