Top > あん摩マッサージ指圧師 合格率

国家資格合格率ガイド

lime.jpg

国家資格合格率ガイドへご訪問ありがとうございます。当サイトでは、国家資格の合格率を掲載しています。また、資格の特徴や試験内容などに関しても、併せて掲載しています。あなたの目標達成のための国家資格選びのご参考に。



資格を取ろうかどうかまだ迷っているあなたへ…

まずは、資格の試験情報や業界の最新情報が貰える【無料】資料請求へ







あん摩マッサージ指圧師 合格率

あん摩マッサージ指圧師国家試験の合格率は8割を超えている現状なので、養成校時代にしっかりと対策しておけば合格は比較的簡単であると言えます。その背景には、現在日本であん摩マッサージ指圧師になる為には、高校を卒業し(大学に入学できる状態)厚生労働省・文部科学省の指定する養成校を卒業することが必要となります。養成校には大学・短大・専門学校がありますが、専門学校に進学する人がかなり多いようです。養成校を卒業後は、あん摩マッサージ指圧師の国家試験を受験し合格すれば、あん摩マッサージ指圧師になることが出来ます。


あん摩マッサージ指圧師とは厚生大臣の免許を受けて、手や指、器具などを用いて身体の各部を押したり揉むなどして、疾病の予防や身体のこりをとったり血行を良くしたり痛みを軽減したりする事が出来る資格です。逆に言えば、このあん摩マッサージ指圧師の資格を取得していないと、公共の場で人にマッサージを施すことはできません。


なお、、視覚障害者は申請により拡大文字、超拡大文字または点字のいずれかによるあん摩マッサージ指圧師受験が認めらています。あん摩マッサージ指圧師の就職先としては、治療院や病院、福祉施設などがあり、勤務をし経験を積んでから、独立開業をする人も多い仕事です。また、あん摩マッサージ指圧師の仕事は、あん摩、マッサージ、指圧の各手技(なでる・押す・揉む・叩くあらゆる行為)を用いて人の体の変調を改善していく事です。

各種資格の【無料】の資料請求はこちら