Top > 土地家屋調査士 合格率

国家資格合格率ガイド

lime.jpg

国家資格合格率ガイドへご訪問ありがとうございます。当サイトでは、国家資格の合格率を掲載しています。また、資格の特徴や試験内容などに関しても、併せて掲載しています。あなたの目標達成のための国家資格選びのご参考に。



資格を取ろうかどうかまだ迷っているあなたへ…

まずは、資格の試験情報や業界の最新情報が貰える【無料】資料請求へ







土地家屋調査士 合格率

土地家屋調査士とは、土地の境界に最も詳しいスペシャリストの事を言います。土地や建物がどこにどれぐらいあるのか?ということを登記簿上に明らかにする、という仕事を行える資格の事です。非常に専門性の高い資格の1つと言え、建築関連・建設関連・不動産関連の仕事をしたいのであれば、土地家屋調査士は取得しておいて損はない資格です。


土地家屋調査士の仕事内容は、不動産(土地・建物)の所在・種類(用途)面積に関して調査・測量を行い、その結果に基づいて図面を作製し、法務局に登記を申請します。また、土地・建物の所有者に代わって、表示に関する登記の申請手続きをする事も。土地家屋調査士の就職先は、測量会社、地図会社、土木建設会社、建設コンサルタント土地家屋調査士事務所などが挙げられます。


土地家屋調査士の合格率は、以前は3%台だったのが徐々に上昇しており、現在は6%前後になっています。合格率が一昔前と比べると倍ですが、土地家屋調査士の資格取得を希望する100人の受験者のうち6人しか合格できないわけで、難関な試験に変わりはありません。


ただし、近年では記念で土地家屋調査士を受験する記念受験生もたくさんいるので、全体の合格率を見るのではなく、合格の可能性がある受験生とそうでない受験生に分けて土地家屋調査士合格率を考えた方が良いようです。残念ながら記念受験生を除いた土地家屋調査士の合格率は公表されていませんので、ある程度で推測するしかありませんが・・・。これはあくまで当サイトの推測ですが、土地家屋調査士の合格率は10%程度だと考えておけばいいのではないでしょうか。

各種資格の【無料】の資料請求はこちら