Top > クリーニング師 合格率

国家資格合格率ガイド

lime.jpg

国家資格合格率ガイドへご訪問ありがとうございます。当サイトでは、国家資格の合格率を掲載しています。また、資格の特徴や試験内容などに関しても、併せて掲載しています。あなたの目標達成のための国家資格選びのご参考に。



資格を取ろうかどうかまだ迷っているあなたへ…

まずは、資格の試験情報や業界の最新情報が貰える【無料】資料請求へ







クリーニング師 合格率

クリーニング師の資格試験の難易度はそれほど高くなく、クリーニング師の合格率は毎年60パーセント以上となっています。クリーニング師とは、知事の免許を受け、クリーニング業務に従事する人の事を指します。クリーニング師になるためには、クリーニング師試験に合格してから免許申請をする事になっています。クリーニング屋を営業するにあたって、各店舗に必ず一人はこのクリーニング師を置くことが義務付けられています。


クリーニング師の試験の内容は各都道府県によって多少の差はありますが、その試験の内容は、衛生法規に関する知識、公衆衛生に関する知識、洗たく物の処理に関する知識などの学科試験となっています。そして、白地や無地で綿混紡ワイシャツなどのアイロン仕上げ、いろいろな種類の繊維の鑑別、口紅や墨などシミの鑑別などの実地試験も学科試験と併せて行われます。要するに、クリーニング師の国家試験では、知識と技術の両方が試されるというわけです。


なお、クリーニング師は、その合格者の殆どがクリーニング屋さんとして独立する場合が多いようです。そのため、独立開業を目指すクリーニング師に営業力は必須と言えます。クリーニング師の主な仕事は、通常のクリーニング、しみぬきなどを行います。近年、服地の多様化、高級化に伴い、常に新しい技術と知識が必要とされています。こういった仕事は時代の流れにあまり左右される事が無いため、クリーニング屋の仕事が無くなる事はないでしょう。しっかりと最先端のクリーニング技術を勉強し続ける姿勢があれば、クリーニング師はかなり安定した仕事と言えるかもしれません。

各種資格の【無料】の資料請求はこちら