Top > システムアナリスト 合格率

国家資格合格率ガイド

lime.jpg

国家資格合格率ガイドへご訪問ありがとうございます。当サイトでは、国家資格の合格率を掲載しています。また、資格の特徴や試験内容などに関しても、併せて掲載しています。あなたの目標達成のための国家資格選びのご参考に。



資格を取ろうかどうかまだ迷っているあなたへ…

まずは、資格の試験情報や業界の最新情報が貰える【無料】資料請求へ







システムアナリスト 合格率

現在、システムアナリストの試験の合格率は6~8%程度であり、情報処理技術者試験の中でもこのシステムアナリストは難関な資格試験の1つと言われています。ただし、システムアナリストの合格率の低さは、受験者の多くが現役管理職SEで、多忙を極めているため、勉強する時間がとれないのが原因のようです。社命で受験を命ぜられて、職務を調整の上、きちんとした指導の下で勉強できる環境が整えば、今後システムアナリストの合格率は格段に高くなるでしょう。


システムアナリストとは、情報系の試験において、システム監査と並んで最難関かつ最高峰と呼ばれている非常に難易度の高い国家試験です。ですので、当然ながら簡単に取得できるような国家資格ではありません。システムアナリストの役割は、「経営戦略に基づく情報戦略の立案、システム化全体計画及び個別システム化計画の策定を行うとともに、計画立案者の立場から情報システム開発プロジェクトを支援し、その結果を評価する者」とされています。非常に専門性が高く、レベルの高い業務をこなすのがシステムアナリストなんですね。


システムアナリストの職場として、コンピュータメーカー、情報処理企業、ソフトウェア企業などが挙げられます。地道な分析を通じて、顧客が本当に必要とするシステムを作る作業のため、システムアナリストにはコミュニケーション能力が求められます。また、システムアナリストの主な仕事は、顧客の業務内容を知るため、現場に訪問するなどして詳細な調査を行い、基幹となる概略設計・構築の部分を担当することとなっています。綿密な作業を高度な知識を基に行いますので、それだけ集中力やその持続力が必要な仕事と言えます。

各種資格の【無料】の資料請求はこちら