Top > 新司法試験 合格率

国家資格合格率ガイド

lime.jpg

国家資格合格率ガイドへご訪問ありがとうございます。当サイトでは、国家資格の合格率を掲載しています。また、資格の特徴や試験内容などに関しても、併せて掲載しています。あなたの目標達成のための国家資格選びのご参考に。



資格を取ろうかどうかまだ迷っているあなたへ…

まずは、資格の試験情報や業界の最新情報が貰える【無料】資料請求へ







新司法試験 合格率

新司法試験の合格は非常に難しい事で有名です。新司法試験は「法科大学院の修了者」を受験資格対象としているので新司法試験の合格率は34~42%と一見高そうに見えますが、そもそも受験者のレベルが高いからこその合格率になっているに過ぎません。まずは、高い合格率に惑わされないこと。そして、新司法試験の合格率が高いからと言って油断していれば、簡単に新司法試験合格できるというような簡単な資格ではないということを理解しておきましょう。


なお、新司法試験とは、誰もが知っている非常に有名な資格です。司法制度改革によって2006年度より主に法科大学院修了者を対象とした新しい司法試験です。裁判官、検察官又は弁護士になろうとする者に必要な学識及びその応用能力を備えているかどうかを適確に評価するため、法律に関する理論的かつ実践的な理解力、思考力、判断力等を判定するものとされています。


そして、新司法試験合格者の就職先は、法律事務所、検察及び裁判所はもちろんの事ですが、その他一般企業で働く際にも通用します。新司法試験合格者の仕事内容は、訴訟の代理人として出廷し、依頼人の法律上の利益を弁護や法廷活動、その他紛争の予防や解決う弁護士に。または、刑事事件について起訴要求する検察官、判決を言い渡す裁判官、その他企業法務、金融法務、渉外業務、事業再生・倒産法務など所属によりますが多岐にわたります。社会的に認められている資格ですから、どの就職先へ行っても高待遇で受け入れられることでしょう。

各種資格の【無料】の資料請求はこちら